そんなの、言い訳にもなってない。。。

腸美心コーチの久我陽子です。

2〜3年前のある春の朝のことです。
友人7名ほどで、
バーベキューをすることになりました。

公園のバーベキュー場。
事前に申込めばだいたいのものは
そこでレンタル出来るようになっていました。

ただ、
7人も集まればみんな何かしら持っています。
私は椅子を、友人のAちゃんはテーブルを、
Aちゃんの車で運ぶことになりました。

ところが。。。

当日の朝、
Aちゃんの車のバッテリーがあがってしまって
動かせないことが判明しました。

「だったら現地で借りればいいね。」

そう言った私にY君がひとこと。

「渋谷まで椅子を持ってきてよ。
俺、渋谷通るから、
そこから一緒に持っていこう。」

Y君の提案に、私は凍りつきました。
「そんなの無理だよ・・・
迷惑だってかかるし・・・」

しかも、私が運ぶのは5脚のパイプ椅子。
さすがに恥ずかしすぎます。。。

交渉の末、
もうちょっと人の少ない駅に
変更してもらいました。

実際には私が心配したようなことは何もなくて、

駅員さんから注意されることも、
誰かに好奇の目で見られることもありませんでした。

迷惑をかけることもなければ、
恥ずかしい思いをすることもなくて、
無事に楽しいバーベキューとなりました。

 

「◯◯だからそれは無理」

そう考えちゃったら、
そこでおしまいなんですよね。

なにもかもが。

出来ないって思った時に、
すべての可能性はどんどん狭くなる。

出来ないと思ったことが
出来るに変わった時って、

それだけでも嬉しくないですか?
私はこの一件以来、

「出来ない」を「出来る」に変える
ようになりました。

 

「本当に出来ないの?」

「出来たとしたらどんな気持ち?」

「じゃあ、どうやったら出来るかな?」

そうやって考えてると、
答えは必ず見つかるんです。

探すのをやめない限り
絶対に。

必要なことなら、やりたいことなら、
「出来ない理由」なんて考えてるヒマはない。

無駄に「出来ない理由」なんて考えてないで、

「出来る方法」を考えて、

そうやって、
出来ることをいっぱい増やしながら、

毎日をワクワクしながら
生きていきたいな〜って思ってます。

あなたの場合はどうですか?
まさか、
「出来ない理由」なんて考えて
無駄な時間を費やしてないですよね?

そんなかっこ悪いこと、
まさかしてないですよね?

コメントを残す