カラダが好きなもの。私が好きなもの。

腸美心コーチの久我陽子です。


「もうこれ以上は食べられない。。。」

あなたはそう思うくらいに
おなかいっぱい食べた経験はありませんか?

あれは確か、
私が21歳の頃だったと思います。

当時勤めていた美容室のスタッフ全員で、
焼肉の食べ放題に行くことになりました。

カルビとロースを中心に、
いったい何皿食べたんでしょう?

おかわりをするたびに
店員さんの表情がこわばっていったことだけは
20年以上経った今でもハッキリと覚えています^^;

とにかくお腹がいっぱいになるまで食べました。
最後にはもうおなかははち切れそう。

「これ以上食べたら口からでちゃうかも。。。」

そう思うくらいまで食べました。

ここまで食べるのはちょっと大げさかもしれないけど、

「もうおなかいっぱいでなにも食べられない。。。」って

そう思うくらいなにかを食べたこと
あなたにもありませんか?
そして生野菜やフルーツの場合はどうでしょう?

焼肉と同じ量だけ食べられるでしょうか?

お腹いっぱいになるまで食べてみてください。

りんごなら何個食べられますか?
バナナなら何本食べられますか?

2〜3個も食べれば
お腹いっぱいになりますよね?

まさか、吐き気がするほどまで
食べたりはしないですよね?

私たちのカラダは誰ひとりの例外もなく、
「本物の栄養」を求めています。

本物の栄養=カラダが好きなもの

好きなものが入ってきた時、
私たちのカラダははじめて満足します。

あなたは好きじゃないもので満足できますか?

できないですよね?

好きなものだから満足して
「おなかいっぱい」って感じます。

だからりんごやバナナはそこそこの量で
充分満足できるんです。

食べても食べても足りないって思うのは、
カラダが満足していないから。

カラダが本当に求めているものじゃないから。

なのに私たちはそうとは知らないで、

「カラダが好きなもの」は無視して
「自分の好きなもの」ばかり食べてる。

「違うの。それじゃないの。」

そうやって私たちに一生懸命訴えてるのに、

自分が好きなものを好きなように食べてる。

そうこうしているうちに、
太ったり、
肌がたるんだりシミができたり、
髪がパサついたり傷んだり、
抜け毛が増えたり白髪になったり、

とにかく髪と肌とカラダの
ありとあらゆる悩みや問題を
引き起こしてしまうんです。

全然大げさな話じゃないんですよ〜。

大事なことなのでまとめますね。

「本物の栄養」
カラダが本当に求めているモノを食べると、
すぐにお腹がいっぱいになります。

「偽物の栄養」
カラダが本当は求めていないモノを食べると、
なかなかお腹がいっぱいになりません。

おなかがいっぱいになる時は、
限界に達した時です。

訴えるのをあきらめた時です。

大切な大切な自分のカラダ。

カラダが好きなものを食べて、
心を満たしてあげましょうね。

とはいっても、
「何をどうやって食べたらいいの?」

わたしはこれがわからなくって
すごく困りました。

でもあなたは安心して大丈夫です!

カラダが好きなもの、こちらでお伝えしています^^
http://www.reservestock.jp/events/162589

コメントを残す